‘制作現場から’ カテゴリーのアーカイブ

舞台裏からの景色

2010年6月19日 土曜日

メジャーの世界で活躍するプロデューサー氏との
リアルな情報交換はとても有意義です。
うちの大切なアーティスト達にも
何か良いヒントにつなげられたらなーと、
いつもそんなことを考えながら
価値のある時間を過ごしています。

おまけに夕食までご馳走になってしまい、
その日の夕食の予定だったサンマの缶詰は
来週まで取っておくことにしました。

さて、今回わけあって
アイドルユニットのメンバーを見つけるという役がまわってきました。
ネミューとはあまりにも趣旨が違いすぎますので、
うちは募集するだけで所属してもらうわけではないのですが、
採用になればメジャーデビューになるらしいです。

ところで私も何人かのアイドルと話をしたことがありますが、
たぶん、一般に思われているアイドルのイメージは、
実際とはだいぶ違うんじゃないかな、と思います。

なんとなくルックスが良ければ誰でもなれるというか、
何だかお気楽な軽い職業のようなイメージを持たれているとしたら、
それはだいぶ違っています。

その人並み外れた「ど根性」と「サービス精神」には
見習うべきところも少なからずあると思いますし、
年端のいかない少年少女でも、自らの役割と責任を理解し、
プロ意識を持った立派な仕事人たちがたくさんいます。

夢から覚めてもという覚悟があるならば、
時には舞台裏から真実を見てみるのも悪くないものです。

資源は有効に

2010年4月27日 火曜日

個人的にプチプラ情報局みたいなコンセプトのサイトをいくつか持っていて、
それをご覧になられた番組制作の方々から
テレビの出演依頼や制作協力の話を何度もいただいたことがあります。
私はあまり表に出たがらない性分なので、
番組制作だけお手伝いさせていただいたのですけど、
テレビ業界の第一線で活躍する制作会社の方はバリバリのビジネスマンで、
数千ページもある私のサイト全部に目を通してくださっていたり、
そのタフでパワフルな仕事ぶりには、
応援したいと思わせられてしまうものがありました。

ところでプチプラ情報局ですが、
旧知のレーベルからゲストのアーティストに来ていただいて
利用してもらおうと調整中です。
参加アーティストは多い方が活気もでますし、
資源をいかに有効に活用していくかも私の仕事のうちですから。

あれこれ進行中

2010年4月26日 月曜日

ここのところ水面下でいろいろジタバタしています。
ひとつひとつ説明していくと長くなってしまうので、キーワードだけ。

(明日)の歌(何かとのコラボ)、デザイン変更(二つとも気付きましたか?)、
新人採用(ブログお願いします)、オーディション面接(音源お願いします)、
動画撮影、新ブログ(3本だっけ?)、他社アーティスト(コラボお願いします)、
システムチューニング(地味だけど、とっても大事!)などなど……。

メテオリットに関係ありそうなのはこのくらいでしょうか。

他にも永森まこととか、新商品発売(好評発売中!)とか、
ゴールデンウィーク対応とか、小道具手配とか、
新サイト制作とかいろいろありますが……、
終わらんよ、これ……。

というわけで、キーワードからいろいろ想像して楽しんでみて下さいね。

それはさておき、ステッカーとな。なるほど、名案ですね。
前向きに検討したいと思います。

音楽試聴「さよならパンダ」

2010年3月27日 土曜日

とつぜん決まった引越しのせいで
すっかり予定がずれこんでしまいましたが、
(明日)のプロジェクトに向けて作業を再開しています。

ネミューの育ての親とも言える(明日)の力は、
やはり今なお欠くことはできませんし、
彼女たちが血と汗と涙を込めて築きあげてきた作品やブログは、
今後もネミューを支える土台となるでしょう。

(明日)も今では、
一人前のナースとして立派に責任を果たしていますので、
以前のように自由な音楽活動はできなくなっていますが、
私は例え最後のひとりになっても、
(明日)をはじめとして、
アーティストが活動した証を伝え続けていく覚悟です。
そして、それが私の使命であり義務だと思っています。

というわけで、さよならパンダの試聴コーナーを作りました。
さよならパンダは「あしたのかけら」に収録されている曲です。
歌詞はとても切ないストーリーなのですが、
明るく小気味良いメロディーの曲で、
当時レコーディングのときに花巻アイコが、
「悲しいことは元気に吹き飛ばそう」
というようなことを言っていたのを思い出します。

でも、この曲が伝えてくるのは、
悲しみを明るさで忘れようということではありません。

心を締め付ける、どうにもならない深い傷を
必死で強がってみせている、そんな切なさです。

明るいメロディーだからこそ、より深い悲しみが伝わってくる、
それが(明日)です。

音楽試聴「さよならパンダ」
http://akh-diary.com/songs/s_panda.htm

始動

2010年3月22日 月曜日

ようやく新しい作業場の環境も整いつつあり、
今は莫大な量の段ボール箱から、
必要なものを掘り起こしているところです。
パソコンはまだ一台しか目覚めていませんが、
最低限の処理はどうにかできるようになりました。

音楽部門は二つのプロジェクトが進行中です。
どちらも今後の展開を支える土台となるものですが、
多大なるご厚意とご助力をくださった各社のご期待に応えるためにも、
かなり気合いを入れていかなくてはならないので、
良い仕事ができるように心の準備をしているところです。